建築は専門学校で学ぶのがベスト|職人レベルの技術

女性

家づくりに携わる仕事

建築模型

必須の知識だけを学べる

家づくりをするにあたって中心となって指揮をとるのが建築士です。地震に強い家が欲しいなど、最近では消費者のニーズも多様化していますから、建築士に求められるスキルも上がっています。建築士を目指す上で最もおなじみの道のりが大学の工学部にある建築学科へ入学し、そこで資格の習得をめざすかたちです。現役で活躍している人たちの多くがこのルートを選択しているので事例がたくさんあり、どう勉強すればいいのかをすぐに調べられるのが大学のいいところです。また、一般企業に就職したくなった場合に軌道修正が聞くのも大学です。これに対して、建築関連の専門学校に行くパターンもあり、家づくりに携わる仕事をしたいとすでに決めているのならこちらが一押しです。大学だと教養の科目を勉強する必要がありますが、専門学校ではこれらの授業がまったくなく、カリキュラムはすべて建築についてのものだけです。本当に必須の知識だけを授業で取り扱うので、とても能率よく一人前になるのに重要な情報をインプットできます。

現場に近い技術を学べる

また、大学は純粋に学問のひとつとして建築学を勉強する場所でもあり、通っている生徒のなかには研究者や学者を目指している人もいます。一方、専門学校にやって来るのは原則として建築士を目指す人だけです。当然、専門学校側もそれを見越してカリキュラムを組んでおり、方向性がはっきりとしているので勉強する内容にまったくブレがないです。同じ理由から、専門学校の方がより現場に近い技術が習得できます。もちろん、大学でも製図や模型の作成などの宿題は課されますが、あくまで学問のなかの一分野という扱いです。これに対して、専門学校では建築士となって家を建てるのを前提として授業が進むので、勉強した中身のすべてがそのまま就職をしたあとの仕事に直結します。さらに、ほとんどの人が一級か二級の建築士の資格取得を意識していますが、専門学校だと試験に対する対策も充実しているので、自分で勉強する方向性を考える必要がなく、専門学校の授業に付いていけば自ずといい結果が出ます。

素敵な結婚式を作る仕事

花嫁

ブライダルプランナーは素敵な結婚式をプロデュースし、新郎新婦を支え、理想を実現するのが仕事です。その為にはプロフェッショナルな技術とノウハウが必要ですが、その基礎はブライダルプランナーブライダルプランナー検定を通して得る事が可能です

詳細へ

神戸の街でも行える

お茶碗

兵庫県には工房も多く、陶芸教室の体験なども人気のイベントとなっています。友達同士やカップルなどでも楽しむことができる陶芸は、多くの人が参加する体験イベントです。自分だけのオリジナル陶器を作って楽しめます。

詳細へ

子どもとかかわる仕事

文房具

チャイルドマインダーは、少子化が問題になっている中で非常に注目を浴びる資格です。通学や通信教育で学ぶ事ができますし、実技の試験などもクリアすることで、保育サービスを提供するチャイルドマインダーの資格を取得できます。

詳細へ